L and D

7月 1st, 2016, 00:31 / No Comments » / by RED

来週はあそこへ行きたい。
来月はあれをやりたい。
今度はあれをしよう。

そういう風に思っていても
叶わないかもしれない…。
その状況を目の当たりにし
悲しく、寂しく、
かわいそうだと感じている。

母の時は、戦うという気持ちと
そうは言ってもまだ大丈夫だろう
という根拠のない思いが重なって
本人のもっと生きたいという気持ちが
いまひとつピンとこなかった。

近しい人を亡くしたことのある人は
そういう気持ちが解るんだろうな。

残された時間をどう過ごすか
というのは本人だけではなく
家族やまわりの人にとっても
重要なんだなと気付いた。

そんなにショックを受けると
思っていなかったせいか
いざ時間が迫っていることに気付くと
こんなに感傷的になってしまう
ことが意外だった。

気持ちと考えを整理するために
久しぶりにblogを書いている。

Tags: , , , , , , ,

Quest

2月 16th, 2016, 00:34 / No Comments » / by RED

年を重ねる度に
Hiphopに対する理解へ
こうも真剣に向き合うとは思ってもいなかった。

もっと若いうちにやっておきたかった
と言うのが正直なところだが
自分の成長が遅いせいもあり
人生に時間をかけなければ
分からない領域があるということを
考えさせられる良いタイミングでもある。

今は特に
文学として…にハマっている。
Rappin’ね。
動詞ていう意味じゃなくて
選択したwordとflowと
個人特有のflavaで
Rappin’してるかしてないかていうこと。
その上で素晴らしいLyricismを
感じられるかが重要。

Rapって、ここ30年くらいは
常に最先端の言葉じゃないんかな?
面白い世界に出会えて良かった。

一生追求する価値があると思う。

Tags: , , , , , , ,

cross your mind

10月 11th, 2015, 11:30 / No Comments » / by RED

Tags: , , , , ,

003

9月 22nd, 2015, 19:00 / No Comments » / by RED

Tags: , , , , , , ,

all gone

8月 16th, 2015, 13:30 / No Comments » / by RED

休日、昼間、けだるい、ぼーっと、平和
そんな感じ

Tags: , , , ,

bolt

3月 30th, 2015, 19:30 / No Comments » / by RED

帰郷したついでに
自分が幼少期〜10代の大半を過ごした社宅が
今どうなっているのか気になり
ちょっと見に行く事にした。

1番長く住んでいて
沢山思い出のあった棟は無くなっていた。
でも、この団地で最初に住んでいた棟は残っていた。
当時のことを思い返すと
かなり少なくはなったが
人もまだ住んでいる。

Kanaike1

敷地内を抜けて帰ろうと思っていたら…
この思い出いっぱい夢ではないこの木を見つけた。
この木ですよ…。

Read more »

Tags: , , , , , , , ,

fork and spoon

3月 11th, 2015, 23:09 / No Comments » / by RED

Tags: , , , , ,

share with you

2月 7th, 2015, 04:53 / No Comments » / by RED

感じたことを言葉にすればするほど
他の人とは共有出来ないのだなと
思うことがよくある。
この、自分の感覚をいかに共有出来るかが
その人と付き合っていく上での鍵だなと思う。
伝えたい、分かってほしいという願望に反して
完全一致していることを自分自身が知る術もない。
感覚の粒をどれだけ送受信し合えたか
分からないところが人との面白い関係性を作る
バランスとしてあるのかもしれない。
そうやって人の感性を探すことをやめると
人生がつまらなくなる気がする。
結局、求めてもなかなか辿り着かないから
探して、考えて、伝えてという行為が
自分の満足感につながるのかも。

そういう点では
思いを言葉にして伝えることも
音楽で伝えることもあまり変わりはないように思えるが
音楽の方がかえって直接的だったりする。
そしてより伝わりやすい。

でも、「セット何にしますか?」の返事に
「カツ丼で」を音で表現はしたくないけどね。
まあ、そういうことじゃないよね。
さーせん。

Tags: , ,

bi-agnostic

1月 26th, 2015, 01:22 / No Comments » / by RED

Tags: , , ,

the day that is given

1月 11th, 2015, 03:06 / No Comments » / by RED

小さい頃から
テレビであったり
友達が目を輝かせて語るほどの熱を
宇宙と言うものに対して
持つことはなかった。
あるのは未知のものに対する好奇心で
それは分からないという意味が大きかった。

それがつい最近
ようやくこの年齢になって
宇宙と言うものを
自分なりに想像して
頭で考えることによって
初めて自ら関心を持った。

そこからまた考えたのは
その小さかった頃に
宇宙に対して興味を持っていた
友達や同世代の人の感性や想像力が
いかに自分とは異なるところにあったかということ。
その人達は子供ながらに
宇宙というものを想像し
自分なりに感じていたのだと思う。
自分はスケボーすることや、
今日は何のテレビ見ようとか、
早く授業終わらないかな…とか
そんなことばかり考えていた。
非日常に対するシンパシーが
想像して1人で感じる力が
そんな人達のようにあれば
宇宙飛行士になりたいとか
月や火星に行ってみたいなどと
思ったかもしれない。

自分がいかに感じることをしなかったか
考えようとしなかったか
ということを考えさせられた。
こう言う気づきってダレてる時は本当に鈍い。
今年はの目標はstay focusかな。

話は変わるけど
日本庭園って良いね。
庭にもやっぱり趣味嗜好があって
好き嫌い等色々あるけど。
箱庭は好きじゃないかな。

Tags: , , , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。